俺の魚を食ってみろ!!

7月に旬を迎えるお魚は、こんなものがあります。

2018.06.25

7月に旬を迎えるお魚は、こんなものがあります。

こんにちは、「俺の魚を食ってみろ!!」PR担当です。

 

雨の日が多かった先週とは打って変わって、今日の東京は非常に暑くなりました。気温も30℃を越えてきており、熱中症に気を付けるようなお知らせも出ています。みなさん、体調管理にはくれぐれも気を付けてくださいね。

 

さて、こうした日を迎えると、夏の訪れが近づいてきているのを感じます。夏になれば、旬を迎えるお魚も変わります。7月には、こんなお魚が旬を迎えますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■あじ
暖流に乗って日本周辺を回遊し、一年中漁獲されるアジですが、この時期のものは形こそ小ぶりなものの脂がのっていて、おいしく食べられます。

 

■かんぱち
こちらも通年水揚げされますが、旬を迎えるのは夏。鹿児島県で獲れるものが一般的です。

 

■いわし
いわしの旬は6月から10月。いわしはマイワシ、カタクチイワシなどの種類があり、夏から秋に南下する「下りイワシ」が、脂がのっておいしく食べられます。

 

このほかにも、旬のお魚は数多くあります。そして、「俺の魚を食ってみろ!!」ではその日ごとに、全国各地の漁港で獲れた旬の魚を、鮮度抜群の状態でご提供しています。

 

ぜひ、旬を迎えたおいしいお魚を食べにきてください! お近くの店舗は、下記のページでお探しいただけます。

 

http://oresaka.com/shop/

 

今週も、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。