俺の魚を食ってみろ!!

赤身魚と白身魚の違いをご存じですか?

2018.07.18

赤身魚と白身魚の違いをご存じですか?

こんにちは、「俺の魚を食ってみろ!!」PR担当です。

 

「俺の魚を食ってみろ!!」には毎日、たくさんの種類のお魚が届けられます。それらは身の質から「赤身魚」と「白身魚」に分けられるのですが、その違いがなんなのか、ご存じでしょうか。

 

赤身と白身の違いは、筋肉の色の違いです。赤身魚は回遊魚のため、寝ている間ですら泳ぎ続けるという性質があり、持久力が求められる体となっています。そこで、「ヘモグロビン」や「ミオグロビン」がたくさん含まれるようになり、それらの物質が身を赤くするのです。赤身魚の代表例はマグロ、カツオ、サバ、アジ、イワシ、サンマなどとなります。

 

一方の白身魚は、基本的にはじっとしていることが多く、獲物を捕らえるときや逃げるときにスピードを発揮する、という魚です。筋肉の性質として、人間でいえば瞬発力の元となる「速筋」が発達していて、それが白い身を構成する、というわけです。白身魚だと、タイ、ヒラメ、カレイ、タラ、フグ、スズキなどになります。ちなみにサケはオレンジがかった身が特徴ですが、これは「白身魚」に分類されます。

 

「俺の魚を食ってみろ!!」には、赤身、白身を問わず、たくさんのお魚がございます。お好みの魚だけでなく、いろいろなお魚を食べて、そのおいしさを味わってみてください。お近くのお店は、下記のページよりお探しいただけます。

 

http://oresaka.com/shop/

 

本日も、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。